Top > 雇用 > アルバイト雇用の際の雇用契約での契約違反

アルバイト雇用の際の雇用契約での契約違反

雇用契約書は会社と従業員の基本契約です。契約は当事者間で合意すれば内容を自由に定められるのが原則ですが、法律法令に違反する場合は合意は無効です。
雇用関係では、雇い主は経済的な強者、従業員は強制されたら断るのが難しい弱者という考えが根底にあるので、強者が権力を濫用することを防いでいます。
たとえば、業務中にお皿を割ったら弁償するとか、10分遅刻したら1時間給料を払わないなどは雇用契約に定めていても法令違反で無効になります。

雇用契約書のテンプレート販売

雇用

関連エントリー
アルバイト雇用の際の雇用契約での契約違反アルバイト雇用の際の雇用契約での契約違反